ソニー PlayStation 2 SCPH-10000 の外観・スペック

更新:

ソニーのゲーム機・PlayStation 2(型番SCPH-10000)外観写真。

PlayStation 2 SCPH-10000

PlayStation 2(PS2、型番SCPH-10000)が発売されたのは2000年(平成12年)。

同年2月18日、PlayStation.comにて販売予約が始まったのでサイトにアクセスしたが、ほとんど繋がらなかった。 当時56kbpsのダイヤルアップ接続で必死にアクセスし、なんとか予約することができた。

2月19日にPlayStation.comからメールを受け取り、注文番号が60万番台だった。 3月4日、PS2を手に入れた。 確か自宅に佐川急便で届いた。 配達員に「よく手に入りましたね」というようなことを言われた。

発売日にゲーム機を買ったのはPS2が初めてで、当時TVゲームに夢中だった。 ゲームソフトはPS2と同時発売のリッジレーサーVを買った。 レースゲームが結構好きで、わりとよく買う。

ちなみに、PS2で最も長くプレイしたゲームはファイナルファンタジーXI(FF11)。 おそらくFF11のプレイ時間を超えるゲームはこの先ないと思う。

パッケージ(外箱)は特徴的な綺麗な青色で、PS2と書かれている。

パッケージ外観

パッケージ裏面には、商品説明、別売アクセサリーなどが書かれている。 また、「プレイステーション・ドットコム・ジャパン株式会社 販売日 '00,3,04」と書かれたシールが貼られていた。

パッケージ裏面

取扱説明書など同梱品。 ユーティリティディスクはVersion 1.00で、8MBのメモリーカード付き。 初期型なのでDVD再生でリージョンチェックを回避できるが、使ったことはない。

取扱説明書、ユーティリティディスク、メモリーカードなど

PS2本体、アナログコントローラ、AVケーブル、電源コードなど。 PS2の角ばったデザインはカッコイイ。

PS2本体、アナログコントローラ、AVケーブル、電源コード

前面にはコントローラ端子、メモリーカード差込口、USB端子、S400(i.LINK)端子、リセットボタン、イジェクトボタンがある。

前面

PS2は縦置きもできるが、私はいつも横置きで使っていた。

縦置き

背面にはPCカードスロット(Type III)、AVマルチ出力端子、光デジタル出力端子、電源スイッチがある。

背面

ディスクトレイはわりとゆっくり開閉する。 フローリングなど硬い物の上にPS2を置くと、ディスク回転時に回転音が少し気になる。

ディスクトレイ

スペック

項目 仕様・スペック
メーカー 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
品名 PlayStation 2
型名 SCPH-10000
CPU 128 bit Emotion Engine
クロック周波数: 294.912MHz
GPU Graphics Synthesizer
GPUクロック周波数: 147.456MHz
VRAM: 4MB DRAM混載
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 約50W
外形寸法 301×78×168mm(幅/高さ/奥行き)
質量 約2.1kg
動作環境温度 5℃~35℃

このエントリーをはてなブックマークに追加